FC2ブログ

アロマの実践~

アロマの”実践”は、芳香浴やトリートメントだけではない・・・というのを
日常の中でいっぱい発見する。
この”日常”生活の中でこそ、アロマの考え方が、教わってきたことが、
試される”時”だと感じる。
私たちJHASの中では、”エネルギー”というものを学ぶ。
”エネルギー”には、法則というものがある。
①エネルギーは同調する
②送ったものは、自分に返ってくる
③大きいエネルギーが、小さいエネルギーを包み込む
アロマに出会った頃から、ずっとこのことを学び続けている。
けれど、私の中で、悶々とした状態を抱えている時に決まって、無意識に
抱えてしまうのが、”競争心”だ。
今、その”競争心”を抱えてしまう相手は、3つ下の妹。
入院している父親をめぐってのこと。
今日もまた、妹の一言一言に、チクチク感じるものがある。
まただ・・・この感覚・・・
自分の中ではわかっている。
けれど、どうしようもない時がある。
”自分から始めなければ・・・”と思う。
それは、T先生の姿を見て・・・
理不尽だと思うことの中にも、必ず、学ぶべきこと、聴かなければならないことがあると言うこと。

今日も父を病院に見舞い、父の調子が良さそうだったので、見晴らしのいい6階に行こう・・・と誘う。
そこには、公衆電話があり、母に電話を繋ごうとしたが、買い物にでも行っているのが、電話口に出なかった。
仕方なく、妹にかけることにした。
第一声は、”何なん?”とちょっと迷惑そうな感じに聞こえるのは、私の”心”の感じ方のせいか?
妹と話をすると、どうも嫌な気持ちになる。

そして、父と妹の会話の後に、私が変わって、妹と話すと、やっぱり、”この”感覚に陥るのだ。

そして、何気なく、父親に話してしまった。

「私なぁ・・・○○と話すとどうも嫌な気分になるわ。
なんか怒られてるみたいな気持ちになって、しんどいわ・・・」と私は、口走っていた。

どこかで、どうせ、父に話してもわかってないし・・・という気持ちがあった。

父から出た言葉にびっくりした。
「競争しようとするからや・・・
きょうだいなんやから、仲良くしてほしいわ・・・」

私の中にある、このやっかいな”競争心”
この”心”から、解放されたいと思いながら、いつも、この”想い”に自分自身が苦しい。

しょうもない”競争心”
かりそめの小さなプライド

こんなものから解放された時、ホントに楽になれるんだろうな・・・と思う。

T先生がいつも語ってくださる、そんな”感覚”を、私も”実感”してみたい・・・

次なる”階段”を、私も上りたい。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment