FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣けた・・・😢

昨日、父親宛に手紙が届いた。
差出人は、いつも、お歳暮やお中元を贈ってくださる方で、私も覚えていた。

病院に行く時に持って行って・・・と母に言われていたので、忘れないように・・・と昨夜のうちに、かばんに入れた。

あ・・・そうそう・・・と病院に着いて、封を切って、父親に手紙を渡す。
2枚に渡って、小さな字がびっしりと詰まっていた。

父親は、読めないみたいだったので、私が代読することにした。
1枚目の途中まで来た時、感極まって、どうしようもなくなってきた。
涙がこぼれ、声が上ずってきた。

父親にもばれてるかもしれない。

もう、ダメだ・・・と思い、途中で、鼻をかむ。
体裁が悪いので、‘あかん。感動して、涙が出てきた・・・”と私は口走った。

続きを読むのも、ちょっと自信がなかったが・・・

そこには、私の知らない”父親の姿”があった。
昭和の時代を支えてきた・・・
古き良き時代を、一緒に懐かしめる仕事上の仲間。
年齢的に言えば、後輩のようだ。
取引先の相手だったような・・・
仕事以外でも、一緒に酒を酌み交わし、時には釣りに行く・・・そんな数々の思い出を懐かしんでくれる友がいたなんて・・・

私には、土日になると、いつもゴロゴロ寝ころんで、テレビを見ている姿しか覚えてなかった。
私は・・・と言えば、反抗ばかりしていた頃だ。

親孝行するには、ちょっと遅かったかな・・・とも思うが・・・
今、できることを、精一杯、お返しするしかないなぁ~

間に合って、よかった。
今、本当にそう思う。

今の父には、返事は書けそうにないなぁ。
私が、代筆するか・・・
もしくは、私が、私の想いを送付するか・・

電話もちょっと難しいかな・・・

もし、病院まで、来ていただけるのなら・・・と密かに思う。

こんなにも深く、自分のことを心配し、懐かしく、大切に思ってくれる人がいる・・・って
本当に幸せなことだなぁ・・・と思う。

父に代わって、
本当にありがとうございます・・・







スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。