FC2ブログ

アロマ講演会 IN ウィングス京都

昨日、ウィングス京都で開催された、てんてん先生の講演会に参加してきた。
私が、アロマを始めたきっかけは、平成17年2月12日(土)に同じくウィングス京都で行われた講演会。
しかも、あの時と同じ、2階のセミナー室Aだった。
講演会のタイトルは、「美しき光の手」。
その時の私は、何もかもがうまくいかず、眠れない、食べられない・・・と、神経がビンビンに張りつめていた。
安定剤と睡眠薬で、なんとか持ちこたえていたものの、なんとも危ない状態だったと思う。
そんな中でも、自分でなんとかしたいという想いは残っていて、やっと、たどり着いた先が、この”アロマ”だった。
セミナー室Aの扉を開けた途端、香ってくる優しい香り、心地いい音楽を耳にし、まだ、何も始まっていない間に
もう、涙があふれてきて、せき止めていた”想い”が、一気に決壊した”瞬間”だった。

あれから、13年。
”アロマ”の実践と、先生と仲間たちに囲まれ、支えられ、コツコツ努力を重ねながら、ここまで、やってきた。

精油にも、ずいぶん、助けられてきたと思う。

昨日、講演会で使用された精油は、レモン、ラベンダー、ジャスミン、ベチバー。
レモンで、しっかりと呼吸をし、まずは、頭をスッキリさせる。

ラベンダーの精油の力を借りながら、自分の手のひらにあるエネルギーを感じてみる。
幸せ感に包まれた自分を想像してみる。

ジャスミン・・・第4チャクラ(ハートチャクラに対応する精油)
        ジャスミンを1滴落としたコットンから、香りが広がってくる。
        胸にその香りを抱きしめながら、心の中で自分を労い、自分を労わり、がんばっている自分に声をかける。
        ジャスミンの香りと、自分へのプラスの声掛けで、脳内は幸せホルモンで満たされた状態になる。
ベチバー・・・第2チャクラ(丹田に対応する精油)
        生命力、やる気、生き生きとした活力。
        手のひらから、白、ピンク、金、黄色などの輝く光が入ってくるようなイメージをする。

”癒されたい”
でも、”癒される”為には、訓練が大切だということ。
ぼ~っと、文句言いながら、日常を送っていても、”癒されることはない”

今、
精油の香りに助けられながら、
自分への優しい言葉がけ、想いの力、ヒーリング、そして、同じ目標に向かってがんばれる”仲間”がいる。


アロマに出会うまでの私は、自分のことが大嫌いだった。
誰かと比べて、自分のダメ出しばかりをしていた。
いくらがんばっても、満たされない。自分の望む結果を出せない。
そんな自分が嫌いで、痛めつけてきた。
自分のことを大切にできないのだから、人を大切にできるわけもなく、
人の輪の中にいても、どこか孤独を抱えていた。

アロマに出会って、そんな自分のことも少しずつ認められるようになってきた。
”癒し”に向かう為の”訓練”をしてきたからだ・・・

講演会の最後に、先生から、「最近、乗り越えたことがあるでしょ・・・。ここで少し話してもらえますか?」
と振られてしまった。
思いがげないことだったけど、自分の体験談を紹介させてもらった。
8efa83e1ff0326e051021627ed40c75cてんてん先生講演会←先生、写真、拝借させていただきました。(*´ω`)



あのボロボロだった頃から、13年経った”今”。
がんばってきたなぁ・・・
と思える”自分”が、”今”ここに、いる。

















スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment